TUMUGU −日々のあすか物語 −TUMUGU

特別養護老人ホーム 煌奏館

☆土用の丑の日☆

今日は土用の丑の日です。

厨房では、御利用者様のお昼ご飯を準備中~

 

~昼食~

ひつまぶし

小松菜のお浸し

すまし汁

甘夏みかん

 

各ユニットで職員達が丼ぶりにうなぎを盛り付けました!

 

煌奏館で食べる初めてのひつまぶし・・・

 

いただきまーす!(^^)!

 

「ほら見て!美味しそうでしょ?美味しいのよ~」

 

 

みなさん美味しそうに召し上がっていただきました(*^_^*)

 

甘辛いタレと粉山椒で、うなぎの美味しさがより引き立ちました☆

 

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのか・・・

昔から、体調を崩しやすい夏にはうなぎを食べて

栄養をたっぷり摂ろうという習慣がありました。

土用の丑の日は季節の変わり目にあたると言われているので、

体調を崩さないためにうなぎを食べる習慣となったわけです!(^^)!

うなぎには疲労回復や夏バテ予防となる栄養素が豊富に含まれています。

 

皆さまがこの夏を元気に乗り切れますように☆

 

煌奏館  栄養課

 

施設カテゴリ