TUMUGU −日々のあすか物語 −TUMUGU

特別養護老人ホーム 浅茅の丘

消防訓練

10月18日(火)
午後から消防訓練を行いました。

訓練とは言え、職員も入居者様も緊張した面持ち・・・。

訓練とは言え、この緊張感が大事ですよね!

「火事だー!6号室が火事だー!」

職員の大きな掛け声から、消防訓練が始まりました!

消火器による初期消火失敗。

その後、別の職員が消防へ通報します!

また別の職員は入居者様を屋外へ避難させます!


職員同士、声を掛け合いながら連携して避難誘導を行いました!

全員の避難を確認し、消防士へ報告して、訓練終了となりました。

その後、消防士の方から今回の避難訓練について良かった点・注意すべき点などお話をして頂きました。

お話の後、消火器の使い方も教えて頂きました。



消火器は約15秒程しか、噴射しないそうです!!

実際に火災が起こった場合、天井に炎が届くまでは、消火器で消火できる場合があるそうです。

天井まで炎が届いた場合は、あっという間に燃え広がるそうなので、その場合は避難を優先して下さいとの事でした。

これから季節が冬に移り変わり、空気も乾燥し、火災が起こりやすくなってくる季節となるので、火の元・火の取り扱いには十分に注意して参りたいと思います!

施設での火災だけではなく、日常生活での火災にも十分に注意をし、万が一の場合には今回の消防訓練の教訓を元に、消火器の使い方など落ち着いた行動ができるようにしたいと思います。

消防士の皆様、貴重な体験・貴重なお話、ありがとうございましたm(__)m

施設カテゴリ