TUMUGU −日々のあすか物語 −TUMUGU

博多とみひろ保育園

秋がやってきました。

9月に入り、朝晩が涼しくなってきましたね。つき組(4歳児)でも「秋」という言葉を使う子が増えてきました。そこでこんな製作をしてみました。

画用紙をちょきちょきちょきーと切りまして…

先生が取り出したのは…じゃーん!!中に何が入っているかな?はてなボックスを用意してみました。

中に何が入っているか、触った後の手の匂いから分かった子もいましたよ。

持ってきた野菜を切ってみせると、「食べたことある!」「知ってる!」と、さすがつき組さん。

 

野菜でスタンプをすると、個性豊かなきのこが出来上がりました。

みんなで秋の訪れを感じられた、そんな作品でした。

【余談ですが…】この日の給食は、オクラのソテーでした。「さっきスタンプした野菜だ!」と心なしかいつもより進んで食べていたように感じました^^食欲の秋、スポーツの秋…といろいろな秋があります。子どもたちと一緒に様々な「秋」を探していきたいと思います。

 

施設カテゴリ