TUMUGU −日々のあすか物語 −TUMUGU

厳原南保育園

ひまわり🌻が咲いたよ

南保育園の園児が登降園をする通路を、花🌹🌻で明るくしたいという思いがあり6月4日ひまわりの種を植えました。

1週間でひまわりの芽がでてきて、そこからすくすくと育っていきました。、南保育園は時間帯によっては日当たりの悪いところがあるため、

日当たりの良いところを選んでプランターを並べました。

 

登降園の際、『ひまわりの芽がでてきたね~』『こっちからもでてきたよ~』という親子の会話も聞かれ嬉しく😊なりました。

7月上旬、対馬に大雨警報が発令され、せっかくのひまわりがだめになるのではと思い、プランターを軒下に引っ越しさせました。

それが悪かったのかひまわりに元気がなくなり、またまた日当たり🌞の良い場所へ移動・・・

それと、じ、『大雨だからって過保護にしたらだめよ』というベテラン保育士さんから言われ💦。

うまく咲くかな❓と思い、中庭の隅に職員が畑を作り、そこにもひまわりの種を地植えしてみました。

 

8月になると1輪咲き始め、今では『ひまわりがあっち向いとる』『ひまわりいっぱい🌻🌻咲いたね~』の言葉や、

ひまわりの花をちょんと優しく触ったりする子どもたちの姿も見られます。

 

 

青空のスカイブルーにマッチした南保育園のひまわりの花の様子をお届けします。

施設カテゴリ