TUMUGU −日々のあすか物語 −TUMUGU

博多とみひろ保育園

防災の日ってなぁに?

9月1日は防災の日、自然災害に備えることの大切さを考える日です。関東大震災をきっかけに防災について考えられるようになったといわれています。

保育園ではこの日防災について考える活動を行いました。

まずは0・1歳クラスさん。保育士がバスタオルを担架のようにして、子どもが怪我をした想定で運ぶ練習をしました。

2~5歳クラスでは、お部屋の中に危ないところがないかみんなで考えました。わざとおもちゃを高い所に置いたり、引き出しを出しっぱなしをしたりしていると「あぶない!!」と気がついた子が多かったです。

お部屋で災害について学んだ後は、遊戯室に行きました。ブロックをガラスに見立て、靴下で歩きます。「ブロックだけどガラスだと危ない!」「靴って大事だね。」と改めて確認したようでした。

遊戯室の外には避難用のはしごも設置してあり、どんな時に使うのかもみんなで知りました。

今日が防災について考えるきっかけになるといいなと思います。

 

 

施設カテゴリ