特別養護老人ホームグレイシャス春日

私たちの願い居心地の良い笑顔の溢れる空間で
『お一人、おひとり』に寄添っていきたい。
特別養護老人ホームグレイシャス春日は春日市の閑静な新しい街に立地し、
ユニット型の特養80床にショートステイ20床を併設した施設です。
グレイシャスの意味【親切で・礼儀正しく】の通り、春日の心安らぐ優しい環境の中、
入居者様が安心して今までの自分らしい『暮らし』を送っていけるようスタッフ一同支援いたします。
また情報の共有を行いご家族様が安心していただけるよう努めてまいります。

特徴

  • ①ご入居者様の日頃の健康管理には最新の介護見守りシステムを導入し、ご入居者様の体温、血圧などをタブレット端末で状態把握することで早めの対応を行っていきます。
  • ②提携歯科のご指導の下、ご入居者様が健康で楽しくお食事ができるように誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト活動に参加していきます。
  • ③スタッフ全員が心のこもった介護ができるようにメンター制度を導入していきます。

サービス内容

  • 食事
    施設看護士と管理栄養士の指導のもと、ご入居者様の心身の状態や嗜好に合わせた食事を提供。協力医療機関と相談し、介護士と食の楽しみを共有していきます。
  • 入浴
    ユニット毎に個人浴槽を設け、基本的にマンツーマン方式にて入浴介助を行います。(立位が少し不安定な方は、リフトチェアーを設けています。)個浴での対応が難しい方には2階の機械浴(寝たまま入れる浴槽)にいいて安全に入浴して頂きます。
  • 排泄
    各居室ユニット毎にトイレを設けて、プライバシーに配慮した排泄ケアを実施。身体機能を最大限に活かしていただけるよう、可能な限り居室のトイレを使用した排泄を推進いたします。
  • 機能訓練
    専門職の立案した個別機能訓練計画に基づき、専門員・看護・介護職員が計画に沿った機能訓練を実施していきます。
  • 居室
    入居された方が、自分の「住まい」と思える環境を作る為、居室はプライベートスペースとして、プライバシーを守り、使い慣れた家具や思い入れのある物などを持ち込んで頂き、個人の空間を保障します。共同生活室では食堂、リビングはセミプライベートスペースへと段階的な空間構成は、多様な関係性が生まれ生活にもメリハリができます。さらに、暮らしに必要なキッチン、トイレ、浴室等が身近にあることで、なるべく今までと変わらない環境で生活して頂けるような設計になっています。

ご利用料金

特別養護老人ホーム グレイシャス春日

基本利用料金

要介護度
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
施設サービス費 638 705 778 846 913
加算 看護体制加算【Ⅰ】ロ 4
看護体制加算【Ⅱ】ロ 8
夜勤職員配置加算【Ⅱ】イ 18
個別機能訓練加算 12
栄養マネジメント加算 14
サービス提供体制強化加算【Ⅱ】 6
口腔衛生管理体制加算 30/月
介護職員処遇改善加算【Ⅰ】 58 64 70 75 81
基本料金と上記の加算合計の8.3%となります。(小数点は以下は四捨五入)
1日あたりの合計 785 831 910 983 1,056
  • ※春日市は6級地で1単位あたり10.27円となりますので上記の合計×10.27が保険請求額となり、うち1割が利用者負担額となります。
  • ※口腔衛生管理体制加算は1月あたりの単位数のため、1日あたりの合計には含まれておりません。

居住費・食費

居住費 第1段階 820円/日
第2段階 820円/日
第3段階 1,310円/日
第4段階 1,950円/日
食 費 第1段階 300円/日
第2段階 390円/日
第3段階 650円/日
第4段階 1,392円/日

1ケ月(31日)あたりの利用料金目安

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
合計 第1段階 58,882円 61,207円 63,722円 66,046円 68,370円
第2段階 61,672円 63,997円 66,512円 68,836円 71,160円
第3段階 84,922円 87,247円 89,762円 92,086円 94,410円
第4段階 127,764円 130,089円 132,604円 134,928円 137,252円
(2割負担) 151,927円 156,575円 161,605円 166,254円 170,902円
(3割負担) 176,089円 184,463円 192,130円 199,225円 206,319円
  • ※第1段階から第4段階は、介護保険負担限度額を表します。介護保険負担限度額につきましては役所への申請が必要です。
  • ※利用料金は、要介護度・介護保険負担限度額によって異なります。又、配置基準、制度改正により変更になることがございますので、ご了承ください。

※その他の各種加算料金

初期加算 30単位 入所した日から起算して30日以内(1日につき)
療養食加算 6単位 医師の指示による特別食を提供する場合(1食につき)
外泊時費用 246単位 1月あたり6日を限度として所定単位数に代えて算定する(1日につき)
退所前訪問相談援助加算 460単位 退所後のサービスについて相談援助を行った場合。(1回につき)
退所後訪問相談援助加算 460単位 退所後30日以内に居宅を訪問し相談援助を行った場合。(1回につき)
退所時相談援助加算 400単位 退所時に退所後のサービスについて相談援助を行った場合。(1回につき)
退所前連携加算 500単位 退所後のサービス利用について調整を行った場合。(1回につき)
看取り介護加算【Ⅰ】 144単位 死亡日以前4日以上30日以下(1日につき)
680単位 死亡日前日及び前々日(1日につき)
1280単位 死亡日
サービス提供体制強化加算【Ⅰ】ロ 12単位 介護職員総数のうち介護福祉士の占める割合が100分の50以上(1日につき)
サービス提供体制強化加算【Ⅲ】 6単位 入所者に直接サービス提供する職員総数のうち勤続年数3年以上の者の占める割合が100分の30以上(1日につき)
日常生活継続支援加算【Ⅱ】 46単位 入所者総数のうち介護4、介護5の者の占める割合が100分の70以上。
介護福祉士の数が、6又はその端数を増すごとに1以上(1日につき)
経口移行加算 28単位 計画に従い、経口による食事の摂取を進める為の栄養管理を行った場合。(1日につき)
経口維持加算【Ⅰ】 400単位 著しい摂食障害を有し、造影撮影又は内視鏡検査により誤嚥が認められ特別な管理が必要であるものとして、医師の指示を受けた場合。(1月につき)
経口維持加算【Ⅱ】 100単位 著しい摂食障害を有し水飲みテスト等により誤嚥が認められ特別な管理が必要であるものとして、医師の指示を受けた場合。(1月につき)
在宅復帰支援機能加算 10単位 家族との連絡調整、居宅サービスに必要な情報の提供、退所後のサービス利用に関する調整を行っている場合。(1日につき)
在宅・入所相互利用加算 40単位 要介護3から要介護5までの者に在宅生活を継続する観点から、居宅と施設の介護支援専門員が情報交換を十分に行っている場合。(1日につき)
若年性認知症入所者受入加算 120単位 若年性認知症利用者に対してサービスを提供した場合。(1日につき)
口腔衛生管理加算 90単位 歯科医師又は歯科医師から指示を受けた歯科衛生士が、入所者に対し、口腔ケアを月4回以上行った場合。(月1回算定)
認知症行動・心理症状緊急対応加算 200単位 認知症の行動・心理症状が認められ、在宅での生活が困難であり、緊急入所した場合。(1日につき)
排泄支援加算 100単位 排泄に介護を要する入所者に対し、支援計画を作成し、その計画に基づく支援を実施。(1月につき)
褥瘡マネジメント加算 100単位 褥瘡の発生と関連の強い項目について、計画的に管理した場合。(1月につき。3か月に1回ごと)
低栄養リスク改善加算 300単位 低栄養リスクの高い入居者に対して、栄養状態、嗜好を踏まえた栄養・食事調整等を行った場合。(1月につき)
再入所時栄養連携加算 400単位 医療機関に入院し、経管栄養又は嚥下調整食の新規導入など、施設入院時とは大きく異なる栄養管理が必要となった場合。(1回につき)
配置医師緊急時対応加算 650単位 1300単位
配置医師が施設の求めに応じ、早期・夜間に施設を訪問し、入所者の診療を行った場合。(1回につき) 配置医師が施設の求めに応じ、深夜に施設を訪問し、入所者の診療を行った場合。(1回につき)
生活機能向上連携加算 100単位 外部のリハビリテーション専門職等と連携する場合。(1月につき)
介護ロボットの活用の推進 18単位 見守り機器の導入により効果的に介護が提供できる場合。(1日につき)
在宅サービスを利用した時の費用 560単位 入所者が施設より提供される在宅サービスを利用した場合。(1月に6日限度で1日につき)

※その他の各種加算を算定させていただく場合は事前に相談させて頂きます。

※その他の費用について

  • 病院受診代、歯科受診代、健康管理費(インフルエンザ予防接種代等)、理美容代、ご入居者様の希望する趣味・嗜好品・出前等の飲食代・レクレーション等にかかる品物代等は自費となります。
特別養護老人ホーム グレイシャス春日(ショートステイ)

介護予防短期入所施設サービス費(1割負担)

要介護度
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
短期入所施設サービス費 684 751 824 892 959
加算 看護体制加算【I】 4
看護体制加算【II】 8
夜勤職員配置加算【II】 18
サービス提供強化加算【II】 6
介護職員処遇改善加算【Ⅰ】 60 65 71 77 83
合計 780 852 931 1,005 1,078
  • ※春日市は5級地で1単位あたり10.33円になりますので上記の合計×10.33が保険請求額となり、うち1割が利用者負担額となります。

居住費・食費

居住費 第1段階 820円/日
第2段階 820円/日
第3段階 1,310円/日
第4段階 1,950円/日
食 費 第1段階 300円/日
第2段階 390円/日
第3段階 650円/日
第4段階 1,392円/日
  • ※食費内訳(朝食:354円 昼食:454円 おやつ:100円 夕食:484円)

1日あたりの利用料金目安

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
合計 第1段階 1,926円 2,000円 2,082円 2,158円 2,234円
第2段階 2,016円 2,090円 2,172円 2,248円 2,324円
第3段階 2,766円 2,840円 2,922円 2,998円 2,324円
第4段階 4,148円 4,222円 4,304円 4,380円 4,456円
2割負担 要支援1 要支援2 要支援3 要支援4 要支援5
第4段階 4,953円 5,102円 5,265円 5,418円 5,569円
3割負担 要支援1 要支援2 要支援3 要支援4 要支援5
第4段階 5,759円 5,982円 6,227円 6,456円 6,683円
  • ※第1段階から第4段階は、介護負担限度額を表します。介護負担限度額につきましては区役所への申請が必要です。
  • ※利用料金は、要介護度・介護負担限度額によって異なります。又、配置基準、制度改正により変更になることがございますので、ご了承ください。

※その他の各種加算料金

認知症行動・心理症状緊急対応加算 200単位 認知症の行動・心理症状が認められ、在宅での生活が困難であ り、緊急入所した場合。(1日につき)
機能訓練指導体制加算 12単位 専ら機能訓練指導員の職務に従事する常勤の看護職員等を1 名以上 配置しているもの(1日につき)
個別機能訓練加算 56単位 利用者の住まいを訪問して個別の機能訓練計画を作成した上で、専従として配置さ れた機能訓練指導員がADL、 IADLの維持・向上を目的として個別の機能訓練 を実施した場合。 (I日につき)
若年性認知症入所者受入加算 120単位 若年性認知症利用者に対してサービスを提供した場合。 (1日につき)
医療連携強化加算 58単位 急変の予測や早期発見等のために看護職員による定期的な巡視や、 主治医 と連絡取れない等の場合における対応に係る取り決めを事前に行うなどの 要件を満たし、 実際に重度な利用者を受け入れた場合。 (1 日につき)
送迎加算(片道) 184単位 居宅と事業所間の送迎を行う場合。 (1 日につき)
緊急短期入所受入加算 90単位 緊急に短期入所生活介護を受ける必要がある者を緊急利用者として受け入れる場合。(1日につき)
療養食加算 23単位 医師の指示による特別食が提供される場合。(1日3食を限度とし、1食単位)
在宅中重度受入加算
イ・ロ・ハ・二
  利用していた訪問看護事業所に、利用者の健康管理を行わせた場合。イ:421単位・ロ:417単位・ハ:413単位・ニ:425単位
サービス提供体制強化加算
【Ⅰ】【Ⅲ】
  介護職員総数のうち介護福祉士の占める割合が100分の50以上【Ⅰ】12単位・利用者に直接サービスを提供する職員総数のうち勤続年数3年以上の者が占める割合が100分の30以上【Ⅲ】6単位
  • ※その他の加算を算定させていただく場合は事前に相談させていただきます。

※その他の費用について

  • 緊急時の病院受診代、 歯科受診代、 理美容代、 私物洗濯代等
  • ご利用者様の希望する趣味・嗜好品・出前等の飲食代・レクリエーション等にかかる品物代等は自費となります。

介護予防短期入所施設サービス費(1割負担)

要介護度 要支援1 要支援2
介護予防短期入所施設サービス費 514 638
加算 サービス提供体制強化加算【Ⅱ】 6
介護職員処遇改善加算【Ⅰ】 43 53
合計 563 697
  • ※福岡市は5級地で1単位あたり10.55円になりますので上記の合計×10.55が保険請求額となり、うち1割〜3割が利用者負担額となります。

居住費・食費

居住費 第1段階 820円/日
第2段階 820円/日
第3段階 1,310円/日
第4段階 1780円/日
食 費 第1段階 300円/日
第2段階 390円/日
第3段階 650円/日
第4段階 1,392円/日
  • ※食費内訳(朝食:354円 昼食:454円 おやつ:100円 夕食:484円)

1日あたりの利用料金目安

要介護度 支援1 支援2
合計 第1段階 1,702円 1,853円
第2段階 1,792円 1,943円
第3段階 2,542円 2,693円
第4段階 3,924円 4,063円
(2割負担) 4,505円 4,782円
(3割負担) 5,087円 5,502円
  • ※第1段階から第4段階は、介護負担限度額を表します。介護負担限度額につきましては区役所への申請が必要です。
  • ※利用料金は、要介護度・介護負担限度額によって異なります。又、配置基準、制度改正により変更になることがございますので、ご了承ください。

※その他の各種加算料金

認知症行動・心理症状緊急対応加算 200単位 認知症の行動・心理症状が認められ、在宅での生活が困難であ り、緊急入所した場合。(1 日につき)
機能訓練指導体制加算 12単位 専ら機能訓練指導員の職務に従事する常勤の看護職員等を1 名以上 配置しているもの(1 日につき)
個別機能訓練加算 56単位 利用者の住まいを訪問して個別の機能訓練計画を作成した上で、専従として配置さ れた機能訓練指導員がADL、 IADLの維持・向上を目的として個別の機能訓練 を実施した場合。 (I日につき)
若年性認知症入所者受入加算 120単位 若年性認知症利用者に対してサービスを提供した場合。 (1 日につき)
送迎加算(片道) 184単位 居宅と事業所間の送迎を行う場合。 (1 日につき)
療養食加算 23単位 医師の指示による特別食が提供される場合。(1日3食を限度とし、1食単位)
在宅中重度受入加算
イ・ロ・ハ・二
  利用していた訪問看護事業所に、利用者の健康管理を行わせた場合。イ:421単位・ロ:417単位・ハ:413単位・ニ:425単位
サービス提供体制強化加算
【Ⅰ】【Ⅲ】
  介護職員総数のうち介護福祉士の占める割合が100分の50以上【Ⅰ】12単位・利用者に直接サービスを提供する職員総数のうち勤続年数3年以上の者が占める割合が100分の30以上【Ⅲ】6単位
  • ※その他の加算を算定させていただく場合は事前に相談させていただきます。

※その他の費用について

  • 緊急時の病院受診代、 歯科受診代、 理美容代、 私物洗濯代等
  • ご利用者様の希望する趣味・嗜好品・出前等の飲食代・レクリエーション等にかかる品物代等は自費となります。

各種書類ダウンロード

  • 利用料金

  • 入所申込書

アクセス

施設概要

施設名 特別養護老人ホーム グレイシャス春日
所在地 〒816-0849
福岡県春日市星見ヶ丘2丁目55-1
TEL:092-586-9411
FAX:092-586-9412
設立 昭和57年11月
定員数
(ショートステイ)
特別養護老人ホーム ユニット型 80床
ショートステイ   ユニット型 20床
総敷地面積 3907.71㎡
建物構造 鉄筋コンクリート造 4階建
職員構成 施設長・医師・看護師・介護支援専門員・機能訓練指導員・管理栄養士・介護福祉士等
開設 令和3年2月1日予定
訪問歯科診療
ホームページ